一番審査が甘いETCカードの作り方のコツ

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

技術的には他人名義のカードでも使えますが別の面で問題があるので家族間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約を見ると本人以外の利用が禁じられているからです。

クレカの仕組みを簡単に説明すると名義人の買物支払い時にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード所有者の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人1人のみに対してカード会社が信用しているからこそ成り立っています。

名義人以外の信用関係が成立していない人が利用しているのは規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性があります。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が流行っているそうです。

特に長期休暇で利用する方の場合は高速道路を利用しますよね?その際に多くの方がETCカードを利用すると思いますがレンタカーでの利用は車載器に挿せば基本的に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで利用履歴を見ようと思ったときのために事前準備をしましょう。

利用照会サービスのHPでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC車載器の番号」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

ETCカードの登録を自家用車などですでに行っている、もしくは1度登録したカードについては複数車両で利用するときの登録は不要になります。

ここ数年でよく決まったオフィスを持たないノマドワーカーという言葉を聞くことが増えました。

中には独立して個人事業主や法人化して社長となって働く人も増えています。

個人事業主の方は経理業務がとても面倒だと感じる方もいるそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の電車やタクシー代などの交通費は計上回数が多くなりがちで毎回領収書を出して月毎にまとめて保管、清算して・・・というのはかなり面倒そうです。

できれば屋号口座・法人口座からまとめて一括で引き落として経費参入しておきたいですよね。

高速道路料金で使用するETCカードも同じようにしたいはずです。

基本的な作り方は個人用のカードと同じで法人専用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、ビジネス用クレジットカード発行は独立したばかりでは審査に通りにくいようです。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですが利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のサイトに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約9割の車で使われていたそうです。

高速利用者のほとんどがETCを利用しているということです。

例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが一般レーンの利用料金では約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとまだETCを使ったことがない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はweb上で追加発行、まだクレカを所持していない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことがあります。

学生がクレカを作るのはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカの審査基準が少し緩く設定されているので社会人になってカードが必要になる前に申し込みをしましょう。

また、審査が優遇される以外にもポイント還元率のアップやある年齢まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車を利用される方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社が利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを増やすことで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに必要なものはなんでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか手元にないという方はクレカを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている場合もあるのでその場合はそのまま発行手続きができます。

なぜ銀行のキャッシュカードで作れないかというとETCのゲートを通るときにデビット支払いのようにデビット支払いのように口座から即時引き落としにしてしまうと何らかの理由で偶然口座にお金がなかった場合に料金所出口で通過ができなくなってしまうからです。

長期休暇を利用して友達と車で旅行をする際に首都高をはじめとした高速道路を利用すると思います。

そんなときにあると非常に便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

そんなときにETCレーンが利用できれば比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレカを作る必要があり、クレカをすでに持っている場合は問題ないですが新しくクレカを申し込むときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを探してみてください。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?大半の人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

利用率が高さの要因を調べてみたところ一般レーンで係員とやりとりをして支払いするより短時間で通過できることや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。

一例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が現金で3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカの特典次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

ETCカードで無線通行して高速道路の出口を通過する際、トラブルが発生していなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でトラブルが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが起きたら車載器からエラーの警告音が出ます。

レーン出口のバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも開きません。

そのためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

もしバーが開かない場合はバーに接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンが設置されているので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

高速道路の料金がレーンを通れば自動で引き落とされるETCですがネットを見ていたらいろいろな質問がありました。

それは「ETCカードを利用して給油はできますか?」という質問です。

答えとしては、基本的には不可能になっています。

なぜ「基本的」に不可能かと言うと、クレカ機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いた一体型のカードが発行されるのでしょう。

出光やコスモ石油をはじめとしたガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型のメリットは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽なところですが高速道路を走っている途中でクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

知っている前提で話が進んでいて何となくでしかわかっていないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方・注意点はどうでしょうか。

NEXCOのwebサイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカ同様に有効期限があるので車に乗る前に有効期限を確認しましょう。

車載器にカードを入れる際はカードの向きに気をつけましょう。

オモテ面ウラ面などカードの向きが違うと認識されません。

ETCレーンに入る際はレーンの信号が赤になっていないかの確認とレーン内では時速20km以下のスピードで通行してください。

もしカードエラーなど何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

高速道路の料金所でスムーズに通過できて便利なETCカードですが少し不明な部分があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周り車載器を設置する「一体式」とカードリーダーとアンテナが別れた「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが比較的楽になることがありますが、正常に動作させるためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目が小さくなり、シート下にしまえるため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高くなりがちで配線も一体式に比べ多くなるデメリットがあります。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカの所持について不安でETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレカは作りたくないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえ可能ならば携帯料金の未納など何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いがこの点です。

他には、毎年必ず年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

皆さんはETC カードの発行新鋭をする際にどういった部分をチェックしてカードを作りましたか?クレカの新規申し込み時に同時に発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費を気にして作った方もいると思います。

ここではまだETCカードを所持していない方に向けて他の方が申し込んだときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

傾向として、高速道路の利用頻度が少ない方は年会費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費無料カードの中でもカード特典で一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや自営業の方は業務用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

ショッピングなど様々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードで高速を通行するだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例として楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同じくポイントが付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、基本的にはETC利用時は付与率が減少していることが多いようです。

また、最近は少ないですが、ポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用する方はこういった面から選ぶのもいいかもしれません。

参考:http://www.letteringguru.com/