ほけんの窓口での契約を解約したらどうなるの?【ほけんの窓口活用法】

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。

「保険会社向けの総合的な監督指針」を保険業法第300条に対して策定しています。

これは相談者特典として保険料の割引や換金性の高いギフト券、ビール券などの金券類をプレゼントしてはいけないという指針です。

では、牛肉などの景品をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には牛肉などの物品そのもののプレゼントについては具体例が載っていなく、社会的儀礼として行われる慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には見られていません。

しかし、商品プレゼントが一般的な儀礼の金額を超える場合は「特別利益」に当たるとされ、「完全にシロ」とも断定できない状態にあると言えそうです。

評判を気にする職業と聞いて、どんな職を思いつきますか?一般的に思いつくのは、芸能関係などの人気商売と言われる業界だと思います。

実は保険無料相談をしているFPもとても気にしているんです。

というのも、相談サ―ビス事業者に登録してるFPは相談者が提案された保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、強引な勧誘をしているとSNSなどで拡散されてしまうからです。

その対策として、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、電話1本などでFPの変更ができるようにしたり対策をしています。

一生のうち、保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる人からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

将来のことを考えて保険の加入を考えている方、保険の加入を考えているなら相談サービスを選びましょう。

近所の駅前にあるからという選び方もいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

申し込みの流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で景品プレゼントを行っていると強制的・強引な勧誘をしてそうという不安な気持ちもわかります。

多くのFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して契約解除を行うサービスもあるほど対策を考えています。

子供のために貯金はしたい!でも家計はギリギリという方はどの部分から毎月の支出を減らしましょうか。

最初に思いつくのが食費ですが子供のことを考えると食費はできればそのままにしたいですよね。

次に思いつく人が多いのは、毎月の携帯電話料金です。

電話の時間を減らしたり格安SIMに乗り換えるという方法です。

その両方を削りたくないなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

ほけんの窓口のような保険無料相談サービスを利用した人の感想を見ると現在の保障内容を将来の希望など様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは連絡がマメなところが信頼できたそうなので皆さんも信頼できる担当者を見つけて相談しましょう。

CMを見て保険無料相談を申し込んだけれど、あまりこちらの要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を検討してみてはどうでしょう。

有料相談の値段相場は大体5000から20000円くらいとなっています。

有料で相談を行うメリットとしては、料金が発生しているので強引に契約を狙うものではないことや実績のあるFP、優秀なFPなど平均レベルが高いことが多い点です。

そのため、無料相談よりもお客様目線でアドバイスをしてくれることが多いです。

また、有料相談を行なっているサービスでは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返金する」という点も自信の表れでしょうか。

もしどうしても無料相談で済ませたいと言う場合は、信頼できる担当者に当たるまで相談を繰り返してください。

通常、良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうと聞きます。

保障内容の見直しや現在の契約状況の確認をしてくれるほけんの窓口のような保険無料相談サービスではそういった評判はどうなのでしょうか。

口コミサイトを参考にすると相談前の人の多くが「相談したら結局保険に加入させられそう」というイメージを持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と言ってくれて安心できた、説明内容や物腰が柔らかくて本当に相談だけでも大丈夫だったなど持っていた印象とは全く違うことがわかりました。

なので見直しを検討している人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

毎月の出費を低く抑えたい、というのは将来のことを考えると感じていると思います。

保険料金を見直してもいいかもしれません。

最近、様々なメディアで耳にするほけんの窓口のような保険無料相談サービスを利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用しようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なの?相談に行ったら必ず保険を契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という風に思ってしまう方もいると思います。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保障内容の確認だけでもOKです。

相談する場合は、加入中の保険証券などを持っていくとより現在の契約内容がわかりやすくなります。

保険相談をするための会社を選ぶ際、あまりに多いのでいざどこにするかという話になると迷うかもしれません。

これだけでも事前にチェックしておきたいといういくつかの大切なポイントを示してみようと思います。

最重要なのは、FPさんの質が高いというところでしょう。

また、実際には相性もありますから、担当者とのトラブルに対応してくれるサポートが用意されているところが良いでしょう。

さらに取扱商品数が多いというのもFPさんの提案力に繋がりますから気にしてみましょう。

アフターサービスの有無や有料かどうかも確認しておく必要があります。

世間には山ほど保険の相談に無料でのってくれる会社があります。

唯一自分とぴったり合った会社にお願いできるというのは、なかなか難しいことでしょう。

探す際のひとつの目安としてランキングがあります。

これはさまざまな点から順位をつけてくれているので、自分と相性の良さそうな会社がわかりやすくなっています。

一般的に良く知られた会社であってもFPさんとの相性や信頼関係は妥協できないところなので、上の方に位置している複数の会社で面談するなど、それぞれ比較検討をするにも役立つでしょう。

営業の人に提案されるがままに保険を契約してしまって実は、内容を十分に把握できていない方も多いと思います。

参照:http://www.colorsbrella.com/soudan/kaiyaku.html

ほけんの窓口のような保険無料相談サービスを活用してはいかがでしょうか。

知識がなくても専門家が今はどんな保険、保障を契約しているか、ライフプランに合う保険ではなかった場合、希望に合った保険の紹介など相談に乗ってくれます。

また、相談した結果、必要のなかったオプションを外したり別の保険に切り替えることで保険料が減る方も多いようです。

また、ほけんの窓口のような保険無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉などの景品がもらえるキャンペーンを行っていたりします。

今巷では、無料の保険相談が人気です。

専門的な知識を持った人に話を聞いてもらえるというのに、どうして0円でそんなことが可能なのでしょうか。

気になったのでどういう仕組みになっているのか調べてみました。

ざっくり言ってしまえば大本のお金を支払っているのは保険会社で、契約が成立した際に販売等に関する手数料が発生するそうです。

つまりはどれだけ知識が豊富で熱心なFPさんでも契約に至ってようやくお金をもらえることになるわけですが、営業の機会を多く得ることができるため、WINWINの関係とも言えるようです。

保険無料相談のCMを見ていると気になることがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?ということです。

調べてみたところ、相談サービスは有料なのが基本だったそうです。

では何が有料と無料で違い、メリット・デメリットになるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と保険内容の確認をするだけではお金はもらえず、提案した生命保険に契約してもらわないと保険会社から手数料をもらうことでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって収入の高い保険)を勧めてくる人が中にはいるそうです。

逆に、相談料が必要な場合、無料相談と比べ、相談者目線で話を聞いてくれる可能性が高いそうです。

保険の無料相談サービスをしているところは、よく耳にする名前だけで10社以上にはなると思います。

依頼するならそれらの中でも良いFPさんがいるところをおすすめします。

何社かにわたって依頼したという人の話によりますと、同じ内容で話をしても、FPさんによって異なるプランを提案されることが多いそうな。

面談だけでなく、契約、アフターケアと関係が続くFPさん。

顧客側の希望をきちんと反映してくれるだけでなく、納得以上の満足を提供してくれるようなきちんとしたFPさんがいる会社を選びましょう。

様々なメディアでよく見る保険無料相談のCMですが、実際には利用方法を知らない人も多いと思います。

なので、ここでは無料相談の利用方法について書きます。

一般的な流れとして、ネット等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは近くの店舗で相談という流れになります。

FPとの面談では最初に、将来の希望や保険に関する疑問、加入中の保険の保障内容について確認・説明をしますその後、聞き取りをした人生設計などから何種類もある保険の中から最適な保険を提案します。

再度、ライフプランに対してどういった保障内容や名付きの月額を一緒に確認します。

保険の相談をする際、いろいろな方法が考えられます。

FPさんに来てもらうという人もいれば、テレビコマーシャルでもよく見かけるように、店舗に自ら足を運ぶという人も結構多いかもしれません。

全国にお店があるような会社であれば、ショッピングモールといったような人通りが多く便利な場所にお店がある場合も多くあり、気構えず利用できそうです。

家まで呼んだり、カフェなどプライバシーが心配な場所で健康や金銭的な話をしたりするのに抵抗があれば、来店型が合っているかもしれませんね。