看護師の勤務形態は職場によって違う?好条件の職場を選ぶには?

看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較するとかなり特殊な上に、職場によっても変わってきます。
一般に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているというケースが多いでしょう。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制を望む看護師も多いです。
看護師には、悩んでしまうようなことが多数あります。
看護師は仕事量が多いこともあって、対人関係に疲弊することが少なくありません。
収入が良くても、その分だけ、悩み事の多い職種といえるので、退職していく人が多い職場もあるのです。
色々な働き方ができる看護師なのですが、結局、大多数の看護師は病院で働いております。
ですが実のところ、病院という職場以外の場所においても、実は看護師がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人は実際とても多いのです。
必ずしも病院でなくとも看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。
人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際に転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。
看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、労働に見合うだけの残業手当がきちんともらえないケースがあります。
ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、勤続年数や経験などは関係せず労基法違反であり、犯罪です。
残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、労働した時間分はきっちり、働いた人に支給されるべきでしょう。

看護師転職時の履歴書は手書き?好印象な書き方解説【パソコン作成OK?】